ビジネスグラフ

Activity Reports

活動記録

開催情報

四反田准教授が代表オーガナイザーを務める2021年MRSJ が開催されます.

2021年MRSJ が開催されます(シンポジウムG).

開催日時:2021/12/13(月)-12/15(水)
会場:パシフィコ横浜ノース

 

[発表者]

Noyaさん, 木村さん,佐竹さん,徳光さん,平野さん,宮崎さん

押本さん,大曽根さん,石氷さん,村松さん

学会発表

第68回材料と環境討論会で発表します

第68回材料と環境討論会で発表します.(オンライン)

日時: 2021/10/26(火)-10/28(木)

発表者:(M2)孫崎さん,毛利さん (M1)坂井さん,蒔田さん

開催情報

CSJ化学フェスタ2021にて板垣教授が招待講演を行います

第11回 CSJ化学フェスタ2021に参加します.板垣教授が招待講演を行います.

https://onsite.gakkai-web.net/chemistry/program/#sec26

「その電池健康ですか?~蓄電池の安全性向上および非破壊評価技術の深化~」

 担当委員:○四反田 功(東京理科大学)、長田 実(名古屋大学)、田中 紳一郎(住友化学株式会社)

 
[日時] 10月21日(木)13:00〜16:50
[会場] C会場
●13:05-13:50 C3-05
 蓄電池を非破壊で評価するためのインピーダンス測定の基礎
 板垣 昌幸(東京理科大学 理工学部・教授)

学会発表

ICFPE 2021に参加します

ICFPE 2021(オンライン)に参加します.

日時: 2021/09/27(月)-10/1(金)

オーガナイザー:四反田准教授

発表者:押本さん,大曽根さん,石氷さん,村松さん

<9/15追記>
Dr. Wang (UCSD) will give a plenary lecture.

 

In the Sp2 session (September 27), the following invited speakers, myself and a student will give talks.

Prof. Eiichi Tamiya, Osaka University,

Prof. Shizuo Tokito, Yamagata University,

Assoc. Prof. Toshinori Fujie, Tokyo Institute of Technology Prof. Ming Zhou, Northeast Normal University

Assist. Prof. Wei Gao, Caltech,

Prof. Kuniharu Takei, Osaka Prefecture University

Dr. Kenjiro Fukuda, RIKEN

Assoc. Prof. Seiya Tsujimura, University of Tsukuba

学会発表

240th ECS Meeting で発表します

2021年10月10日(日)-10月14日(木) 240th ECS Meeting (オンライン開催)にて,板垣教授,渡辺助教,M1 植森さんが成果発表します.

講演情報

2021年9月10日(金)に応用物理学会にて四反田准教授が招待講演を行います.

9月10日(金)に第82回応用物理学会秋季学術講演会にて四反田准教授が招待講演を行います.

 

セッション名:カーボンニュートラルに向けて有機分子・バイオエレクトロニクスができること

講演題目:酵素を用いたバイオ燃料電池の開発と自己駆動型センサへの応用

講演番号:10p-N324-10
https://meeting.jsap.or.jp/program

学会発表

2021年電気化学会秋季大会で発表します

2021年 電気化学秋季大会で発表します. 大会HP

日時: 2021年9月8日(水)~9日(木)

場所: 北海道大学(オンライン)

発表者:四反田准教授,Noya Loewさん,

(M2)亀井さん,佐竹さん,徳光さん,平野さん,宮崎さん,室岡さん

(M1)石氷さん,大曽根さん,押本さん,杉浦さん,田端さん,村松さん.

詳細はこちら

学会発表

Interfinish 2020で発表します

Interfinish 2020で四反田准教授(オーガナイザー),ポスドク研究員 Noyaさんが発表します.(オンライン開催)

開催日時:2021/9/6(月)-9/8(水)

URL:https://spp.material.nagoya-u.ac.jp/wp/interfinish2020/

​講演情報

電気化学セミナーで四反田准教授が交流インピーダンス法について講演します.

2021年 06月 25日 (金曜日) オンライン開催

2021年電気化学セミナー(主催:公益社団法人 電気化学会)

「初心者のための電気化学測定法-基礎編」にて四反田准教授が交流インピーダンス法について講演します.

学会発表

材料と環境2021でM1の武藤さん,蒔田さんが発表しました.

5月19日(水)~21日(金) 材料と環境2021(オンライン開催)にてM1の武藤さん,蒔田さんが発表しました.

 

[発表題目] 塩化物イオン存在下におけるコンクリート内鉄筋の電荷移動抵抗に及ぼす温度の影響

[共同発表者名] 武藤優介、猪平かな穂、渡辺日香里、四反田功、板垣昌幸

[代表発表者名 (登壇者名) ] 武藤優介

[発表日付] 2021年5月 20日

 

[発表題目] CFTEを用いた銅の蟻の巣状腐食の進展メカニズムに関する考察

[共同発表者名] 蒔田葵、高田彩音、渡辺日香里、四反田功、板垣昌幸、伊藤真一、細木哲郎

[代表発表者名 (登壇者名)] 蒔田葵

[発表日付] 2021年5月 20日

参加報告

四反田講師が代表オーガナイザーを務める第29回日本MRS年次大会が開催されました.

参加報告

AEIS2019 に参加しました.

出展情報

CEATEC2019展に出展しました.

​講演情報

Okinawa Colloid 2019にて板垣教授がkeynote talk,四反田講師がinvite talkを行いました.

Okinawa Colloid 2019にて板垣教授がkeynote talk,四反田講師がinvite talkを行いました.

Electrochemical Impedance Spectroscopy to Analyze Adsorptions at Liquid/Solid Interfaces

[ 共同発表者名 ] Masayuki Itagaki

[ 学会・会議名 ] Okinawa Colloid 2019

[ 発表日付 ] 2019年11月8日

Development of Wearable Sensors and Biofuel Cells for Space Application

[ 共同発表者名 ] Isao Shitanda, Yoshinao Hoshi, Masayuki Itagaki

[ 学会・会議名 ] Okinawa Colloids 2019

[ 発表日付 ] 2019年11月4日

学会発表

2019 ICFPE にて発表を行いました.

2019 ICFPE にてM2後藤さん,M1津永くんが発表を行いました.

High-capacity Lactate/Oxygen Biofuel Cell based on Multienzyme-modified Carbon Cloth Electrode for Power Sources of Wearable Sensors

[ 共同発表者名 ] Motoki Tsunaga, Yoshinao Hoshi, Isao Shitanda, Seiya Tsujimura, Tsutomu Mikawa, Masayuki Itagaki

[ 学会・会議名 ] ICFPE 2019

[ 発表日付 ] 2019年10月24日

High-power Paper-based Wearable Lactate/Oxygen Biofuel Cell by Interface Design of MgO-templated Porous Carbon Electrode Surfaces

[ 共同発表者名 ] Himeka Goto, Yoshinao Hoshi, Isao Shitanda, Seiya Tsujimura, Tsutomu Mikawa, Masayuki Itagaki

[ 学会・会議名 ] ICFPE2019

[ 発表日付 ] 2019年10月24日

講演情報

BiolinqのCTOであるDr. Joshua Windmillerが来校され,CGMに関する講演を行いました.

学会発表

第66回材料と環境討論会で発表します.

第66回材料と環境討論会にて発表します.

A-101 炭素鋼の大気腐食挙動におよぼす降雨の影響

S ○清泉康太 (東理大); 片山英樹 (NIMS); 星 芳直, 四反田 功, 板垣昌幸 (東理大)

C-107 液絡および内部電解質付参照電極を有する3電極センサチップを用いた孔食発生予測センサの開発

S ○四反田 功, 江坂亮祐, 古茂田将人, 星 芳直, 板垣昌幸 (東理大)

C-203 不均一な電流線分布の解析のための複素電位分布関数を用いたスペクトル解析

○古川敬之, 星 芳直, 四反田 功, 板垣昌幸 (東理大)

E-201 蟻の巣状腐食を模擬した細孔内で生じる Cu(II)の均化反応の解析

S ○本多啓祐, 星 芳直, 四反田 功, 板垣昌幸 (東理大); 熊谷健吾, 伊藤真一, 細木哲郎 (コベルコ マテリ アル銅管)

E-202 ギ酸を添加したリン酸溶液中の銅の溶解挙動の CFDE による解析

S ○髙田彩音, 星 芳直, 四反田 功, 板垣昌幸 (東理大); 熊谷健吾, 伊藤真一, 細木哲郎 (コベルコ マテリ アル銅管)

E-206 電気化学的水素透過法へのインピーダンス測定の適用

S ○深田晴香, 星 芳直, 四反田 功, 板垣昌幸 (東理大)

E-212 アドミッタンスおよび複素キャパシタンス解析を用いたコンクリート細孔内環境における鉄筋上の不

S 働態皮膜の解析

○猪平かな穂, 星 芳直, 四反田 功, 板垣昌幸 (東理大)

C-303 乾湿状態のコンクリートに埋め込んだプローブ電極の電気化学インピーダンス挙動の解析

S ○渡邉周平, 星 芳直, 四反田 功, 板垣昌幸, 加藤佳孝 (東理大)

C-307 電気化学インピーダンス法による配合が異なるモルタルの導電特性の評価

S ○星 芳直, 長谷川千晶, 四反田 功, 板垣昌幸, 加藤佳孝 (東理大)

D-304 鉄鋼材料の初期耐食性におよぼす金属組織の影響

S ○良元亮介 (東理大); 片山英樹 (NIMS); 星 芳直, 四反田 功, 板垣昌幸 (東理大)

D-309 劣化した塗装鋼板の表面電位による腐食挙動解析

S ○宇田愛美 (東理大); 片山英樹 (NIMS); 星 芳直, 四反田 功, 板垣昌幸 (東理大); 中山武典 (元:神戸製 鋼)

開催情報

CSJ化学フェスタ2019に参加します.

CSJ化学フェスタ2019@タワーホール船堀に参加します.

http://www.csj.jp/festa/2019/program_poster.html

P8-051キトサン膜の印刷による乳酸バイオ燃料電池の駆動安定性向上(東理大院理工)

○織田夏菜子・星 芳直・四反田功・Zebda Abdelkader・美川 務・辻村清也・板垣昌幸

P8-052グラフト重合MgO鋳型炭素電極への乳酸オキシダーゼ固定による乳酸バイオセンサの動作安定性の向上(東理大院理工)

○三本将也・星 芳直・四反田功・美川 務・辻村清也・板垣昌幸

P9-0563種類の酵素を用いた乳酸の多段階酸化反応のよる乳酸/酸素バイオ燃料電池の高容量化(東理大院理工)

○津永 幹・星 芳直・四反田功・美川 務・辻村清也・板垣昌幸

P9-060エポキシ基修飾MgO鋳型炭素を用いた多点共有結合によるバイオ燃料電池の作製と電気化学評価(東理大理工)○加藤貴尚・星 芳直・四反田功・板垣昌幸・辻村清也

出展情報

CEATEC2019@東京ビックサイトに出展します.

CEATEC2019@東京ビックサイトに出展します.

http://www.ceatec.com/ja/showfloor/detail.html?id=18355

エリア

トータルソリューション

ホール

ホール2

小間番号

B004

出展予定製品

環境・エネルギー

センサ

電源

医療・ヘルスケア

科学技術、先端技術、要素技術、研究発表

出展情報

本デバイスは,生体成分を利用し直接肌に装着可能な,体液で発電可能な電池または自己駆動型バイオ燃料電池を搭載した薄型生体情報モニター機器(ウェアラブルヘルスケアデバイス)である.印刷技術によって,これまでに市販されているウェアラブル・デバイスに比べ薄型・軽量を実現し,生体成分をセンシングしながら発電を行う.汗中の乳酸から駆動し,乳酸濃度をスマートフォンを用いてリアルタイムモニタリングすることが可能である.また,種々のバイタルサイン(活動量,発汗量など)を計測し有用な生体データをリアルタイムに収集できる.
自己駆動型センシングデバイスは,紙をはじめとする安価な材料で構成され,かつ印刷のシンプルなプロセスで製作可能である.体液(汗中の乳酸など)で発電可能であり,かつセンシングも可能であることが独創的な点である.本成果は新たな健康管理ツールとなりうる.東京オリンピックにおけるアスリートの健康管理や,真夏時の熱中症センサなどにも使えると期待される.

講演情報

70th Annual Meeting of ISE にて,四反田講師が招待講演をいたします.

ISE Meeting にて,四反田講師が招待講演をいたします.

https://annual70.ise-online.org/

Interfacial Design and Electrochemical Analysis of Printable Porous Carbon Inks for Improvement of Biofuel Cell Performance

講演情報

32th ISTSにおいて四反田講師が招待講演を行いました.

32th ISTSにおいて四反田講師が招待講演を行いました.

Development of Wearable Ion Sensors and Self-Powered Biosensors for Potential Application to Realize Crew's Space Quality of Life

[ 共同発表者名 ] Isao Shitanda, Shinichi Kimura, Chiaki Mukai

[ 学会・会議名 ] 32nd ISTS & 9th NSAT

[ 発表日付 ] 2019年6月19日

研究室

2018年度学位記授与式・謝恩会が開催されました.

2018年度学位記授与式・謝恩会が開催されました(詳細はPhotoGalleryをご覧ください).

開催情報

電気化学会第86回大会にて講演いたします.

講演情報

材料と環境2019@大宮ソニックシティで、板垣先生が学術功労賞受賞講演をされます。

材料と環境2019@大宮ソニックシティで、板垣先生が学術功労賞受賞講演をされます。

https://www.jcorr.or.jp/jcorr19s/s19prg.pdf

講演情報

BES2019@アイルランド(リムリック)で四反田講師が講演します.

BES2019@アイルランド(リムリック)で四反田講師が講演します.

http://www.bes2019.ie/

参加報告

スペース・コロニー研究センター 2018 年度成果報告会で四反田講師が発表しました.

スペース・コロニー研究センター 2018 年度成果報告会で四反田講師が発表しました.

https://www.tus.ac.jp/rcsc/2019/03/14/news_0314/

3月12日東京理科大学森戸記念館にて、スペース・コロニー研究センターの成果について、センター長および、各チームリーダーより成果報告会を行いました。

【第1部】
■開催挨拶
東京理科大学総合研究院長・特任副学長 高柳 英明

■スペース・コロニー研究センターの2018 年度成果概要の紹介
センター長・特任副学長 向井 千秋

■チーム 1(システムデザイン)の研究紹介
副センター長・チームリーダー・理工学部電気電子情報工学科教授 木村 真一

■チーム1(スペース QOL)の研究紹介
副チームリーダー・理工学部先端化学科 講師 四反田 功

■チーム 2(スペースアグリ)の研究紹介
副センター長・チームリーダー・研究推進機構総合研究院教授 寺島 千晶

■チーム 3(創・蓄エネルギー)の研究紹介
チームリーダー・基礎工学部材料工学科 教授 飯田 努

■チーム 4(水・空気再生)の研究紹介
チームリーダー・理工学部応用生物科学科准教授 中田 一弥

講演情報

日本体力医学会関東地方会にて四反田講師が招待講演を行いました.

日本体力医学会関東地方会にて四反田講師が招待講演を行いました.

http://www.jspfsm.umin.ne.jp/region/program/kantou_172_3.htm

特別講演①:「カロリー制限による代謝改善・抗老化・寿命延伸メカニズム」
演者:樋上 賀一先生(東京理科大学薬学部)

特別講演②:「印刷技術を用いた乳酸/グルコースのウェアラブルデバイスによる測定法」
演者:四反田 功先生(東京理科大学理工学部先端化学科)

学会発表

第28回MRSJにて四反田講師が招待講演,学生7名が口頭発表いたします(詳細はNEWS).

第28回MRSJにて四反田講師が代表オーガナイザー,筑波大学の辻村先生が

連絡オーガナイザーを務めるシンポジウムが下記の通りに開催されます.

第28回 日本MRS年次大会
 2018年12月18日ー20日
 北九州国際会議場・西日本総合展示場
 
B-5 : スマート社会・スマートライフのためのバイオセンサ・バイオ燃料電池
 責任オーガナイザー 四反田功(東京理科大)

講演者(敬称略・五十音順)

キーノート講演
酒井 秀樹 (元ソニー)
早出 広司 (ノースカロライナ大)
時任 静士 (山形大)

招待講演
伊藤 徹二 (産総研) 
伊野 浩介 (東北大)
井上 久美 (東北大)
近藤 剛史 (東京理科大)
四反田 功 (東京理科大)
末 信一朗 (福井大)
武田 康太 (東京農工大)
田巻 孝敬 (東京工業大)
津川 若子 (東京農工大)
辻村 清也 (筑波大)
冨永 昌人 (佐賀大)
長峯 邦明 (山形大)
中村 暢文 (東京農工大)
仁科 勇太 (岡山大)
新津 葵一 (名古屋大)
松井 弘之 (山形大)
美川 務 (理研)
三宅 丈雄 (早稲田大)
元祐 昌廣 (東京理科大)

一般講演
18件

ポスター講演
17件

シンポジウム協賛

高長

アークレイ

池田糖化

ニプロ

タニタ 

吉野電化工業 

東洋インキ 

ミタニマイクロニクス㈱

北斗電工㈱

三菱ケミカル㈱

㈱同仁化学研究所

 

Scope:
本シンポジウムでは,スマートライフ・スマート社会を支えることが期待されているバイオセンサ,バイオセンシング,バイオエレクトロニクス,バイオナノ・マイクロデバイス,バイオイメージング,バイオ燃料電池などに関するマテリアルの基礎研究やデバイス開発・その周辺技術に関する最先端の研究発表を募集します.

Topics:
1.バイオセンサ
2. イオンセンサ
3.バイオ燃料電池
4.生物電気化学
5.バイオバッテリー
6.バイオイメージング

学生7名が口頭発表・ポスター発表いたします.

https://www1.mrs-j.org/

 

詳細はNEWS欄をご覧ください.

出演情報

M2森ヶ山くんがTBS未来の起源に出演します.

板垣・四反田研究室修士課程2年森ケ山幸也さんが、TBS「未来への起源」に出演
します。当番組は、さまざまな最先端科学の研究に力を注ぐ若い研究者とその熱
い思いを紹介する番組です。今回は、汗から熱中症などのリスクを検知するセン
サーの研究に取り組んでいる森ケ山さんが紹介されます。ぜひご覧ください。

■放送予定日時TBS「未来への起源」
12月16日(日) TBS(関東圏内) 22:54~  12月23日(日) BS-TBS(全国) 20:54~
HP:http://www.tbs.co.jp/program/mirainokigen.html
※放送は予告無く変更・休止される場合があります。

講演情報

日本学術振興会第183委員会 定例研究会にて,四反田講師が講演します.

日本学術振興会第183委員会定例委員会にて,四反田講師が講演いたします.

日 時:2018 2018 年 12月 4日(火)

「印刷によって作製したバイオ燃料電池・バイオセンサ・イオンセンサを用いた

ヘルスケアモニタリングデバイスの開発と応用」

講演情報

COMSOLカンファレンス2018にて,四反田講師が講演致します.

COMSOL カンファレンス2018にて四反田講師が講演いたします.

https://www.kesco.co.jp/conference/2018/index.html

研究室

【学部生向け】2018年度後期縦コンの開催について(11月8日)

【学部生向け】2018年度後期縦コンの開催について(11月8日)

11月8日(木)18時~ レストラン赤レンガ(第3食堂)にて,先端化学科

学部1-3年生を対象とした縦割りコンパを開催いたします.当日の飛び入り参加も歓迎です.

講演情報

センサ&IoTコンソーシアムにて招待講演を行います.

 センサ&IoTコンソーシアムにて四反田講師が招待講演を行います.

http://sensoriot.org/events/symposium_20181109/kouen2.html

講演情報

第27回ポリマー材料フォーラムにて四反田講師が招待講演を行います.

第27回ポリマー材料フォーラムにて四反田講師が招待講演を行います.

印刷型バイオ燃料電池とウェアラブルデバイスへの応用

http://main.spsj.or.jp/pmf.html

学会発表

CSJ化学フェスタにて,5名の学生が発表します.

CSJ化学フェスタにて,5名の学生が発表します.

講演番号:P3-061
 発表日時:2018/10/23 15:30-17:30

 発表分野:天然物化学・生体機能関連化学・バイオテクノロジー
 ★発表演題:印刷型紙基板グルコースバイオ燃料電池アレイの開発とおむつ電池への応用
 ★研究場所:東理大院理工
 ★発表者名:○藤村優輝・星 芳直・四反田功・辻村清也・板垣昌幸

 講演番号:P2-054
 発表日時:2018/10/23 13:00-15:00
 発表分野:天然物化学・生体機能関連化学・バイオテクノロジー
 ★発表演題:バイオ燃料電池の動作安定性向上のための多孔質炭素電極上への新規酵素固定化法開発
 ★研究場所:東理大院理工
 ★発表者名:○加藤貴尚・星 芳直・四反田功・板垣昌幸

 

 発表分野:5.天然物化学・生体機能関連化学・バイオテクノロジー
 講演演題:印刷型ウェアラブル乳酸バイオ燃料電池の開発 ー出力向上に向けた多孔質炭素インクの組成の検討ー
 研究場所:東理大院理工
 発表者名:○後藤媛香・星 芳直・四反田功・美川 務・辻村清也・板垣昌幸

 

 受付番号:A180156
 発表分野:5.天然物化学・生体機能関連化学・バイオテクノロジー
 講演演題:転写印刷により作製したウェアラブルアンモニウムイオンセンサの作製と評価
 研究場所:東理大院理工
 発表者名:○高橋七海・星 芳直・四反田功・板垣昌幸

講演情報

ICEAN2018@ニューカッスルで四反田講師が招待講演を行います.

ICEAN2018@ニューカッスルで四反田講師が招待講演を行います.

「Paper-based Printable Wearable Self-powered Lactate/Glucose Biofuel Cells using Highly Ordered Mesoporous Carbon Materials」

https://www.newcastle.edu.au/research-and-innovation/centre/gican/icean-2018

講演情報

第41回 日本分子生物学会にて四反田講師が招待講演いたします.

第41回 日本分子生物学会にて四反田講師が招待講演いたします.

https://www.mbsj.jp/

参加報告

First International Conference on 4D Materials and Systems (4DMS)にて,四反田講師が招待講演を行いました.M1加藤くんと藤村くんがポスター発表を行いました.

First International Conference on 4D Materials and Systems (4DMS)にて,四反田講師が招待講演を行いました.M1加藤くんと藤村くんがポスター発表を行いました.

講演情報

日本学術振興会  素材プロセシング第69委員会 第72回研究会にて四反田講師が招待講演を行いました.

日本学術振興会  素材プロセシング第69委員会 第72回研究会にて四反田講師が招待講演を行いました.

開催情報

2018年3月9日~11日電気化学会第85回大会にて講演します.

講演情報

2018年電子情報通信学会総合大会にて四反田講師が招待講演します.

2018年電子情報通信学会総合大会にて四反田講師が招待講演します.

講演日時:3月22日(木)午後

講演分野:「CT-2 近未来の電子情報社会を支える次世代蓄電・発電デバイスの新展開」
講演番号:CT-2-4
講演題目:
「印刷技術を用いた薄膜型ウェアラブルバイオ燃料電池の開発と評価」

講演者欄:四反田 功(東京理科大)

講演情報

Biosensors 2018で四反田講師が講演を行います.

Biosensors 2018(ハイアットリージェンシーマイアミ)にて,四反田講師が口頭発表いたします.

Wearable paper-based screen-printed lactate biofuel cell toward mobile diagnosis of healthcare of athlete

Authors

I. Shitanda, H. Goto, Y. Morigayama, Y. Hoshi, M. Itagaki, S. Tsujimura, T. Mikawa, H. Matsui, S. Tokito


Presenting Author

I. Shitanda

 

https://www.elsevier.com/events/conferences/world-congress-on-biosensors

12-15 June 2018 | Miami, Florida, USA

講演情報

First International Conference on 4D Materials and Systems (4DMS)にて四反田講師が招待講演致します.

2018年8月26-30日に米沢で開かれる国際会議

First International Conference on 4D Materials and Systems (4DMS)
https://ecs.confex.com/ecs/4dms18/cfp.cgi

にて四反田講師が招待講演致します(タイトル未定).

ECS (Electrochemical Society) がスポンサーとなり、
以下の5つのシンポジウムが企画されております。

<シンポジウム一覧>
M01. Gel Symposium 2018
M02. Flexible and Printed Electronics
M03. Material Processing - Theoretical and Experimental Approach
M04. Electrochemical Materials and Devices for Energy Conversion and Storage
M05. Sensors and Systems

講演情報

スペースコロニー研究センターのキックオフミーティングにて,四反田講師が発表いたします.

スペースコロニー研究センターのキックオフミーティングにて,四反田講師が発表いたします.

http://www.rs.tus.ac.jp/rcsc/2017/meeting.html

日 時:平成30年3月13日(火)13:00~16:40(受付12:30)(交流会:17:00~)

場 所:秋葉原UDX4階 UDXシアター

(〒101-0021 東京都千代田区外神田4-14-1 4F 秋葉原駅から徒歩2分)

アクセスマップ: アクセスマップ(別サイトへ移動します)

参加費・交流会費:無料

プログラム

13:00-13:05 開催挨拶

       東京理科大学 学長 藤嶋 昭

13:05-13:15 来賓挨拶

       文部科学省 高等教育局私学部 私学助成課長 丸山 洋司

13:15-13:25 東京理科大学研究推進機構総合研究院の紹介

       院長・副学長 浅島 誠

13:25-13:55 スペース・コロニー研究センターの紹介

       センター長・特任副学長 向井 千秋

13:55-14:10 休憩

14:10-14:25 チーム1(スペースデザイン)の研究紹介

       副センター長・チームリーダー・理工学部電気

       電子情報工学科 教授 木村 真一

14:25-14:35 チーム1(スペースQOL)の研究紹介

       副チームリーダー-・理工学部先端化学科 講師 四反田 功

14:35-15:00 チーム2(スペースアグリ)の研究紹介

       副センター長・チームリーダー・

       総合研究院光触媒研究推進拠点 准教授 寺島 千晶

15:00-15:25 チーム3(創・蓄エネルギー)の研究紹介

       チームリーダー・基礎工学部材料工学科 教授 飯田 努

15:25-15:50 チーム4(水・空気再生)の研究紹介

       チームリーダー・理工学部応用生物科学科 准教授 中田 一弥

15:50-16:00 休憩

16:00-16:35 基調講演

       『JAXAの有人宇宙技術開発の現状と展望、および、東京理科大学

        スペース・コロニー研究センターへ期待すること』

        国立研究開発法人 宇宙航空研究開発機構 筑波宇宙センター

       有人宇宙技術部門 有人宇宙技術センター センター長 若田 光一

16:35-16:40 閉会挨拶

       東京理科大学 副学長 森口 泰孝

17:00~   交流会(場所:秋葉原UDX 2階 PRONTO

講演情報

表面技術協会第137回講演大会にて四反田講師・星講師が講演します.

2018年3月13日 表面技術協会第137回講演大会にて四反田講師・星講師が講演します.
 

13A-07 印刷型ウェアラブルバイオ燃料電池における酵素修飾多孔質炭素表面 の設計と評価 (東理大理工 1,東理大総研院 2,山形大有機エレ研 3,筑波大 4)
○四反田功 1,2,3,寶田達也 1,加藤貴尚 1,星 芳直 1,板垣昌幸 1,2,辻村 清也 2,4

 

13A-27 In-situ イメージング CFDE によるアノード分極下における銅の溶解 挙動の評価 (東理大理工 1,東理大院理工 2,東理大総研院 3)
○星 芳直 1,2,小 田知彦 2,四反田功 1,2,3,板垣昌幸 1,2,3

学会発表

22nd Topical Meeting of ISEにて古茂田が発表します.

2018年4月15日~18日 22nd Topical Meeting of ISEにて古茂田が発表します.

http://topical22.ise-online.org/

研究室

2018年4月22日 理工学部春のオープンキャンパスで研究室紹介を行います.

当研究室の研究内容について,先端化学科のイベント内で紹介致します.

理工学部探見 ~春のオープンキャンパス2018~

2017年に創設50周年を迎えた理工学部では、横断型コース制、6年一貫教育コースなど、新しい取組みをスタートさせています。この機会にぜひ理工学部のリアルを体験してみませんか。

日時 平成30年4月22日(日)10:00~15:30

場所:東京理科大学野田キャンパス
〒278-8510 千葉県野田市山崎2641番地
東武野田線(東武アーバンパークライン)「運河」駅下車、徒歩5分
※アクセスはこちらから

対象:高校生(既卒者含む)および保護者、高校教員

テーマ:理工を聞く、観る、感じる。

プログラム:・学部学科の説明...学部長、教員が、学部、学科の特長を教えます。
・入試制度の説明...本学の入試制度を解説します。
・研究室見学...理工学部の実験室、研究室が見学できます。
・入試・進路等の相談...学部、大学院での理系の教育・研究、学生生活、進学や就職などの進路について教員・職員が説明し、個別相談に乗ります。
・理系の入試動向説明...2018年度入試動向などを河合塾講師が解説します。
※プログラム、講演内容は予告なく変更する場合がございますので、ご了承ください。

お申込みについて:・平成30年4月18日(水)締切。(事前申込みなしでの当日参加も可能です。)
・平成30年4月18日(水)までに事前申込みをされた方には、今年度の入試問題(実物)または理工学部創設50周年記念誌(簡易版)のいずれかを差し上げます。先着順。数に限りがありますのでご了承ください。
・入場券等の発行はありませんので、当日直接、会場へお越しください。
 

お申込みはこちらから: https://www.tus.ac.jp/event/entry/pr/rikospringoc2018/

開催情報

2017年12月7日,8日 板垣教授が実行委員長として「2nd Asian Symposium on Electrochemical Impedance Spectroscopy (AEIS2017),Morito Memorial Hall」を開催します.

2017年12月7日,8日 板垣教授が実行委員長として「2nd Asian Symposium on Electrochemical Impedance Spectroscopy (AEIS2017),Morito Memorial Hall」を開催します.
URL: http://www.aecd.tus.ac.jp/aeis2017/

講演情報

12月6日(水)2017年度生命科学系学会合同年次大会(ConBio2017)にて,四反田講師が招待講演します.

URL: http://www.aeplan.co.jp/conbio2017

セッション番号:『1PW18』
生命のエネルギー代謝を模倣して発電するバイオ燃料電池 –生命科学の産業応用に向けて-
日時:2017年12月6日(水)16:00-18:30
会場:第18会場(神戸国際会議場 5F 502会議室)
席数:約190席

講演情報

11月13日 PowerMEMS School 2017にて四反田講師が招待講演致します.

PowerMEMS Schoolとは,マイクロエネルギーに関する専門会議(PowerMEMS2017国際会議)において,マイクロエネルギーの研究応用や産業界での取り組みを中心に,10名ほどの国内外の講師が話題提供するものです.

http://www.powermems2017.org/04.html

Tentative Agenda:

November 13

10:00

Opening

10:10-10:50

Overview of Trillion IoT/M2MTaizo Kinoshita (Next Generation M2M Consortium)

10:50-11:30Wireless Sensing for Agriculture ApplicationsYoshihiro Kawahara (The Univ. of Tokyo)

11:30-12:10National Projects on Thermoelectric in JapanAtsushi Yamamoto (AIST)

12:10-13:00lunch

13:00-13:40Thermoelectric Energy Harvesting SystemHirokuni Hachiuma (KELK)

13:40-14:20Aviation Application of Thermal Energy HarvestingJean-Marie Dilhac (LAAS-CNRS, Université de Toulouse)

14:20-15:00Biofuel Cell and Self-powered Biosensing SystemIsao Shitanda (Tokyo Univ. of Science)

15:00-15:20coffee break

15:20-16:00Self-powered Smart Sensing SystemHaixia Zhang (Peking University)

16:00-16:40Piezo MEMS and Piezoelectric Energy HarvestingIsaku Kanno (Kobe University)

16:40-17:20Piezoelectret for Energy HarvestingXiaoqing Zhang (Tongji University)

17:20-18:00TBA

講演情報

分析化学会第13回千葉県分析化学交流会で四反田講師が招待講演致します.

12月22日 分析化学会第13回千葉県分析化学交流会で四反田講師が講演致します(本学野田キャンパスです).

http://www.jsac.jp/~kanto/

日時 2017年12月22日(金)13:00~19:20

場所 東京理科大学 野田キャンパス 講義棟5階 K508教室〔千葉県野田市山崎2641,交通:東武アーバンパークライン(旧野田線)『運河駅』下車 徒歩10分〕

交通アクセスはこちら http://www.tus.ac.jp/info/access/nodcamp.htmlキャンパスマップはこちら http://www.tus.ac.jp/info/campus/noda.html

プログラム

受付開始 12時30分

世話人 東 達也(東京理科大学薬学部)

第1部 学術講演会(13:00~17:00)

     1.会長挨拶(東京理科大学)中村 洋

     2.日本分析化学会関東支部長講演

            「医薬品成分や生体内物質の分析」(帝京大学薬学部)中込和哉

     3.依頼講演

            「環境調和型鉄鋼製造プロセスのための分析方法の開発」(新日鉄住金)相本道宏

            「カーボンナノドットの性質と発光プロローブとしての利用可能性について」(東邦大学    理学部)森田耕太郎

            「プリンタブルエレクトロケミストリーによる電気化学センシングデバイスの開発と応      用」(東京理科大学理工学部)四反田 功

開催情報

2017年10月1日~6日 232nd ECS Meeting, National Harbor, MDで,板垣教授が Head-organizerにて”C05 Corrosion in Concrete Structures”シンポジウムが開催されます。

2017年10月1日~6日 232nd ECS Meeting, National Harbor, MDで,板垣教授が
Head-organizerにて”C05 Corrosion in Concrete Structures”シンポジウムが開催
されます。

当研究室からは,板垣教授,星講師,岡本くん,成井さん,宮澤くん,上山さん,佐藤治人くん,月岡さん,藤井くんが成果発表します.

URL: http://www.electrochem.org/232

講演情報

10月26日有機エレクトロニクス材料研究会 第225回研究会にて四反田講師が講演致します.

10月26日有機エレクトロニクス材料研究会 第225回研究会にて四反田講師が講演致します.

ペーパーエレクトロニクステクノロジー

15時50分~16時40分 「紙を基板としたスクリーン印刷による電気化学デバイス開発」

《日 時》 2017年 10月26日(木)13時00分~17時00分  

《会 場》 新宿NSビル(NS会議室) 北ブロック3L

http://www.shinjuku-ns.co.jp/about/access.php

              (所在地: 東京都新宿区西新宿2-4-1 TEL: 03-3342-4920)

学会発表

68th Annual Meeting of ISE, Providence, USAにて,四反田講師,寺井さん,森ヶ山くんが成果発表します.

2017年8月27日~9月1日 68th Annual Meeting of ISE, Providence, USAにて,四反田講師,寺井さん,森ヶ山くんが成果発表します.

URL: http://annual68.ise-online.org/

学会発表

2017年電気化学会秋季大会にて,四反田講師,星講師,森ヶ山くん,蒲野くん,加藤くん,寶田くん,渡邊くんが成果発表します.

2017年9月10日~11日 2017年電気化学会秋季大会にて,四反田講師,星講師,森ヶ山くん,蒲野くん,加藤くん,寶田くん,渡邊くんが成果発表します.

URL: http://www.electrochem.jp/program/2017fall/2017fall.html